婚活の兵法書 婚活の実践的ノウハウ集

30回以上のお見合いの末、婚活に成功した私(男)が、実践的なノウハウやリアルな情報、必要な心得などを書くブログ。

No.24 スタッフの対応の良し悪しは重視しなくてよい

ここまで、結婚相談所選びのポイントを長々と説明してきましたが、逆に、あまり重視しなくてもよいポイントも挙げてみましょう。

 

スタッフの良し悪しは婚活の結果に影響しない


まず、相談所スタッフの対応の良し悪しや、担当者との相性は、あまり重視しなくてもよいでしょう。

一見、大切そうな要素に見えますが、私はそうは思いません。
なぜなら、相談所スタッフの対応が良くても、それが直接、婚活の成功に結び付くわけではないからです。

当たり前ですが、みなさんは結婚相談所に所属している他の会員とお見合いをするのです。
別に、みなさんと結婚相談所がお見合いをするわけではありません。
また、結婚相談所をビジネスパートナーにするわけでもないですよね。

お見合い相手をちゃんと紹介してくれるならOK


大切なのは、「自分とお見合い相手との相性」の良し悪しです。
「自分と相談所スタッフの相性」が良くても、婚活の成功率が上がるわけではありません。

その逆も言えるわけで……。
たとえ、相談所スタッフと多少ソリが合わなかったとしても、それで婚活が破綻することはありません。

希望する条件の人を全然紹介してくれないとか、自分と結婚相談所の活動方針がまったく違って揉めるような場合はまずいでしょう。
しかし、単に担当者と気が合わない程度なら、担当者を変えてもらえば済む話です。
それを理由に退会までしなくともよいでしょう。

スタッフの対応が多少気に入らなくても、きちんとお見合い相手を紹介してくれる結婚相談所であれば、続ける価値はあります。
逆に、いくらスタッフの対応が素晴らしくても、お見合い相手をろくに紹介してくれないような結婚相談所は、意味がありません。

放置されると思っておけば腹は立たない


他に、もう一つ理由があります。

二つ目の理由は――こう言うと語弊があるかもしれませんが――結婚相談所の側から、積極的に世話を焼いてくれるわけではないからです。
(積極的に世話を焼いてくれる結婚相談所もあるでしょうが)

大げさに言えば、入会後は基本的に放置されると考えてください。

もちろん、契約内容はきちんと守ってくれますし、こちらが頼んだことはやってくれます。
しかし、結婚相談所はあくまでサポートをしてくれるだけです。
自分が主体となって活動しなければなりません。

“待ちの姿勢”はやめよう


これは別に、結婚相談所がカネだけもらってサボっているという話ではありません。

結婚相談所は、たくさんの会員を抱えています。
だから、全員に対してキメ細かいサービスを行き届かせるのは現実的に難しい、という話です。

それを知らずに“待ちの姿勢”でいると、「結婚相談所は何もしてくれない」と不満を感じることになります。

間違っても「結婚相談所が結婚させてくれる」とは思わないこと。
「結婚相談所からは、お見合い相手を紹介してもらうだけ」と割り切るくらいでちょうどよいでしょう。