婚活の兵法書 婚活の実践的ノウハウ集

婚活の実体験者である私(男)が、実践的なノウハウやリアルな情報、必要な心得などを書くブログ。

No.19 結婚相談所選びのポイント2 お見合いをどれだけ組めそうか

今回も引き続き、結婚相談所選びのポイントを解説します。


二つ目のポイントは、「お見合いをどれだけ組めそうか」です。

結婚相談所の“商品”は、「異性との出会いの機会」だと述べました。
であれば、出会いの機会、つまりお見合いをどれだけ組めるかは重要なポイント。

月に一度はお見合いを組みたいところです。

 

「どのくらいお見合いが組めそうか」を聞いてみよう


まずは相談所のスタッフに、「ここに入会した場合、私はどのくらいお見合いが組めそうでしょうか?」と聞いてみましょう。

相談所のスタッフは、たくさんの会員を見てきているプロです。
会員のステータス(条件)や雰囲気を見れば、どの程度お見合いが組めそうか、大ざっぱな予想はできるはず。
少なくとも、まったく的外れな予想をするとは考えにくいです。

せっかく結婚相談所に入会したものの、お見合いが組めないのでは意味がありません。
実際、そのあたりを巡るトラブルは多いようです。

調子のいい言葉を鵜呑みにしない


お見合いを組めるかどうかは、ステータスに大きく左右されます。

「この人はステータス的にちょっと厳しいな」と思っても、結婚相談所側も商売ですから、新規会員欲しさに入会を勧めてしまう場合がありえます。

しかし、まともな結婚相談所なら、お見合いが組めそうもない人を入会させて、カネだけ払わせることはしないはずです。
入会希望者のステータスを知った上で入会させているのですから、入会後に「あなたはステータスが悪いので、お見合いが全然組めません」と言うのは通らないでしょう。

ステータス的にお見合いを組むのが難しそうな人には、「厳しいかもしれませんが、それを理解したうえで入会してください」と事前にハッキリ言うのが親切というものです。
「あなたなら、お見合い相手には困りませんよ」などと、調子の良いことばかりを言って入会を迫ってくる場合は要注意です。

会員数が多いほど確率は上がる


さて、相談所のスタッフに“お見合い予測”をしてもらう以外にも、チェックすべきポイントはあります。

まず目安になるのは、「会員数」です。

単純な話、会員数が10人と100人の結婚相談所では、後者の方がお見合いを組める確率は高くなります。
そういう意味では、全国規模の大手相談所は安心でしょう。
(もし迷ったのならば、大手を選んでおけば間違いないです)

では、中小の結婚相談所はダメかというと、そんなことはありません。

中小の結婚相談所は、自社の会員を他の相談所にも紹介するなど、会員をお互いに融通し合っていることが多いです。
(そうでないところもありますが)

つまり、中小の相談所同士で“連合”を組んでいるわけです。
こういう結婚相談所なら、大手との差は気にする必要はありません。

ただし、相談所同士でやりとりする手間が介在するため、お見合いの成立に多少時間がかかることはあるらしいです。

念のために言っておきますが、会員数が多い結婚相談所でないとお見合いが成立しないわけではありません。
現に、私と妻が出会ったのは、“連合”には加盟していない小さな結婚相談所でした。
今説明しているのは、あくまで目安です。

お見合いの「セッティング料」とは?


他に目安にしてほしいのは、「セッティング料」の金額です。
セッティング料とは、結婚相談所への入会金や年会費とは別に、「お見合いが成立したこと」に対して支払う料金です。
(お見合いの“申し込み料”ではなくて“成立料”です)

セッティング料は、結婚相談所によって中身が異なりますが、大別すれば、有料か無料かということになります。

有料とは、お見合いが成立するたびに料金が発生すること。
無料とは、入会金や年会費を払えば、お見合いはタダでできること。

有料か無料かは結婚相談所によって違いますし、同じ結婚相談所でも、両方のコースを用意している場合もあります。
入会金は高いがセッティング料は無料のコース、入会金は安いがセッティング料が発生するコース、という具合です。

「セッティング料」もお見合い成立率に影響する


このセッティング料は、お見合い成立率に多少影響してきます。

たとえば、みなさんがお見合いを申し込まれたとして、セッティング料が2万円かかるとしましょう。
この場合、よほど気に入った相手でなければ、OKは出せませんよね。
2万円も払うのですから。

つまり、セッティング料が高すぎると、お見合いをOKする気持ちが抑制されて、お見合い成立率は下がってしまいます。

逆に、セッティング料が無料とか、3~4千円くらいまでのレベルなら、「とりあえず会ってみようか」という気持ちになりやすいので、お見合い成立率が極端に低いことはないはずです。

大切なのは、お見合いの機会をたくさん確保することです。
そういう意味で、セッティング料が高すぎる結婚相談所は、あまり望ましくありません。

セッティング料の高い安いを一概に言うことはできませんが、数千円が妥当ではないでしょうか。
少なくとも、万の単位になってくると「とりあえず会ってみよう」と気軽にOKは出せなくなります。