婚活の兵法書 婚活の実践的ノウハウ集

30回以上のお見合いの末、婚活に成功した私(男)が、実践的なノウハウやリアルな情報、必要な心得などを書くブログ。

No.38 プロフィールの字は丁寧に書け

お見合い相手を探す際には、他の会員のプロフィールを見て探すことになります。
現代の結婚相談所は「インターネット型」が主体ですから、パソコン・スマホ画面で閲覧できる場合が多いと思います。

 

「紙ベース」の結婚相談所も残っている


しかし、まだまだ会員のプロフィールを「紙ベース」で管理している結婚相談所も少なくありません。

紙ベースのプロフィールを作成する場合は、会員が提出したデータに基づいて、結婚相談所側が作成してくれることが多いと思います。

しかし、結婚相談所によっては、履歴書のような用紙を渡されて会員自らが手書きで作成する場合もあります。
(私が利用していた結婚相談所もそうでした)

そういう結婚相談所は稀だと思いますが、もし該当してしまった場合の注意点を一つ。

丁寧に字を記入してください。

なぜ、わざわざそんな簡単なことを言うのか?

それは、プロフィールの字を雑に記入している人がいるからです。

つまらないところで損をするな


信じられないかもしれませんが……私は、メモのような走り書きの字で書かれているプロフィールを見たことがあります。
「この女性は、自分のプロフィールが男性に見られることをわかっていないのか? 真面目に婚活する気があるのか?」と、首をかしげたくなりました。

むろん、このような相手に好感を抱くはずはありませんし、私からお見合いを申し込むこともありませんでした。

こんなつまらないところで相手の印象を悪くして、お見合いの機会を失ってしまっては、あまりにもバカバカしい。
そうならないためにも、字は丁寧に記入してください。

大切なのは、自分の書いた字が誰かに読まれると意識して、見る人を不快にさせないよう心掛けることです。
これは婚活に限った話ではなく、日常生活でも同じですよね。

誤解のないよう言っておきますが、私は字の「上手い下手」を言っているのではありません。
閲覧する人のことを考えて、心を込めて丁寧に書くべきと言っているのです。
そういう気持ちで作成すれば、少なくともメモのような走り書きの字にはならないはずです。