婚活の兵法書 婚活の実践的ノウハウ集

30回以上のお見合いの末、婚活に成功した私(男)が、実践的なノウハウやリアルな情報、必要な心得などを書くブログ。

No.37 笑顔のない写真は想像以上に損をする

前回の記事では、プロフィール写真の重要性について力説しました。

konkatsu1-blog.kys-honpo.com


↑の記事内では、「旅行中の写真」を使用していた女性の例を紹介しました。
少し離れて撮影しているので、顔がはっきりわからない。
それに加え、普段着という理由で、お見合い写真としては不適切と述べました。

 

笑顔のない写真では婚活に勝てない


もう一つ、私が不適切だと思った写真の例を紹介しておきます。
ズバリそれは、「笑顔のない写真」です。

いや、実際のところは、私が見たプロフィール写真の女性は、ほとんどが笑顔で写っていました。
しかしそれだけに、笑顔のない写真は相対的にとても目立つので、想像以上に印象が悪いのです。
とてもではありませんが、お見合いを申し込む気になどなりません。

このように、笑顔のない写真を使うと、大きく損をすることは覚えておいてください。
笑顔の写真を撮るのは別に難しくも何ともありませんから、そういうところで損をするのは勿体なさすぎます。

「そんなことくらいわかっている」と誰でも思うでしょうが、笑顔のないプロフィール写真を、現に私は何枚も見ています。

すでに婚活中の方で、笑顔のない写真を使ってしまっている方は、この記事を読み終えたら直ちに差し替えるなり、新しい写真を撮りに行くなりしてください。

私と妻の結婚は写真がきっかけ!?


私は妻のプロフィール写真を見たときに、そのにっこりとした素敵な笑顔に惹かれて、お見合いを申し込みました。

もし履歴書や受験票のような無表情な写真だったら、おそらく私は「ああ、この人はよさそうだなあ」と思わずに、お見合いを申し込むことはなかったでしょう。
お見合いを申し込んでいなければ、結婚もできませんでした。

極端な話、私と妻の結婚は写真一枚に大きく左右されたわけです。
プロフィール写真での笑顔がいかに重要か、おわかりでしょうか。